目指せインスタ映え!スマホで撮影した写真のおしゃれな加工の仕方◎

スマホでおしゃれな写真を撮りたい

スマートフォンの画像

今、スマートフォンはかなり機能性がよくなってきており、写真も綺麗に仕上がるほど。
でも、なんだか自分の写真がイマイチ…と思ったことはありませんか?

特にインスタグラムなど、おしゃれな写真が集うところでは自分もそんな写真が撮りたい!、皆どんな加工をしているの?と疑問に思うことも多いのではないでしょうか。

そこで今回はオススメの加工の仕方と加工アプリを紹介します◎

PR:スマホの写真で簡単フォトブック作成、プリミィならなんと毎月1冊無料!

ノスタルジックな加工

ノスタルジックだったり、レトロ感のある写真ってなんだかおしゃれですよね。
一概に同じ加工だけだと、その写真の元の色味に負けてしまうこともあります。

どんな時にどんな加工が好ましいか、早速見ていきましょう!

風景をノスタルジックに

画像加工前1

こちらは夏の風景写真です。
日差しが強いため、濃い影ができていますよね。
この時、影を消すのではなくこの影を活かした加工をしてみましょう。

画像加工後1

このように、全体的に少し青みがからせてマットな仕上げにすることで、ノスタルジックでおしゃれな雰囲気に。
強い日差しで強調されすぎていた白い部分が影に馴染んでいます。

デザートをノスタルジックに

画像加工前2

デザートをノスタルジックな雰囲気にするのって難しいんですよね。
特に緑は何色に寄せてもいまいち決まらないことはないですか?

そういう時はまず、元の写真が何色になっているかを見極めましょう。
この写真は抹茶ティラミスの写真なんですが、写真全体が若干黄緑よりですよね。

画像加工後2

このように、青と赤みをプラスしてあげましょう。
そうすることで、テーブルとお皿が目立たなくなり、逆にこの写真の主人公であるティラミスの緑が目立つように見えます。

全体の色味を確認してから、より主人公になる被写体が引き立つ加工をしましょう◎

PR:季節のお便りやご報告はがきなら【らくらく挨拶状】

ヘルシーな加工

ライトで元気のあふれるヘルシーな加工が好きという人も多いのではないでしょうか。
でも写真自体の光が強すぎると飛んでしまったりと、なかなか加工が難しかったりもします。

料理をヘルシーに

画像加工前3

何気ないカフェでの一枚。
でもこのまま写真をあげるとちょっと美味しそうに見えないですよね。

美味しそうに見えない原因は、写真全体がくすんでいるから。
特に野菜の緑色は色鮮やかに、ライトにみせるのがコツ。

画像加工後3

彩度と明度をあげてフレッシュな印象にしましょう。
若干画面が緑が強すぎたので、黄色みをプラスすると◎

今回撮影した場所が、そこまで赤みがひどくなかったんですがレストランなどで撮影すると、ライトの影響で赤みがひどく写ることもあります。
そういう時は赤みを抑えて、自然光で撮影した時に近い色味をだすとヘルシーに仕上がります。

風景をヘルシーに

画像加工前4

緑の広がる風景写真。
自然な緑の色合いが出ていますが、もっと元気の良い印象にする時にヘルシーな加工は大活躍。

画像加工後4

ヘルシーな加工をすると緑や空の色味が鮮やかに出ますよね。
ココで注意しておかなければならないのは、彩度をあげすぎないこと。

彩度をあげすぎると、手前の黄緑色の部分が白っぽくなってしまうこともあります。
特に光が当たっているところが強調されすぎないように加工するのがポイントです◎

フェミニンな(フェード)加工

ふんわりとした加工ってなんだか可愛らしくてやってみたい!という人も多いのではないでしょうか。
でもどこまでふんわりさせるのか、加工していくうちに混乱してきませんか?

そんな時はインスタなどを見て、皆がどのくらいまで加工しているのかお手本にしてみるのもOK!

小物をフェミニンに

画像加工前5

白色蛍光灯の下で撮影された写真。
ライトの影響も出て、全体的に緑でマットな雰囲気。
これだけだと、可愛い感じが出ずに地味ですよね。

画像加工後5

フェミニンにするコツは、緑みを消してホワイトピンクフィルターをかけましょう!
この写真は画面が結構暗かったので明るさもプラスしました。
明るさをあげる時は白飛びしすぎないように気をつけてください◎

風景をフェミニンに

画像加工前6

雰囲気は良いけれど、ちょっと暗いしダンディな感じですよね。
そんな時にもフェミニンな加工はオススメ。

この写真では、まずは影を柔らかくしてからフラットなフィルターをかけましょう。

画像加工後6

画面を明るくして、黄色みが強かったので少し緑めのブルーのフィルターをかけることで手前の車の赤が綺麗に栄えます。

元の写真のキツいコントラストも気にならず、ふわっとした印象が可愛らしい写真に。

モノトーン加工

色に惑わされない写真そのものの味わいを出したい時に、モノトーン加工をするととっても栄えますよね。
でもモノトーン加工でも、アプリによってはそれだけでかなり種類が多いですよね。

どの場面でどんなモノトーン加工を施せばいいのかを紹介します。

建物内をモノトーンに

画像加工前7

全体的に明るい白が多いレストランの写真。
モノトーンの中でも多くのパターンがあるのですが、今回はまるでモノクロテレビのワンシーンのような加工をしてみましょう。

画像加工後7

少しノイズを入れて、黒が塗りつぶしたようなマットな雰囲気にするのがポイント。
逆に光があったっている部分の白はマット調にせず、自然な光を意識しましょう。

スイーツをモノトーンに

画像加工前8

色を使えない分、モノトーン加工が難しいスイーツ。
でも、モノトーン加工は必ずしも黒と白だけの加工ではありません。

スイーツなどの食べ物をモノトーンに加工したい時は、少し色味のあるフィルターを選びましょう。

画像加工後8

こちらは少し緑っぽさを残したモノトーン加工。
全てブラックではないから、ケーキが黒塗りになっていませんよね。

紅茶もオレンジが消えつつも、そこに残る色味を感じることが出来ます。

どんな画像加工アプリを使うの?

アプリの中でも、たくさんの画像加工アプリがありますよね。
その中でも当たりハズレは酷いもの。

snowなども人気ですが、あれは後から加工出来ないから…と撮った写真の加工は別のアプリでしているという人も多いのではないでしょうか。

今回はオススメの加工アプリを紹介します◎

料理の撮影に便利「Foodie」

フーディの画像

引用:©itunes.apple.com

食べ物の撮影に特化したFoodie。
良く友達とランチに行って写真を撮るという人にオススメです◎

「ヘルシーな加工」で紹介した写真はこのアプリを使っています。

フィルム数豊富で簡単加工!「MOL DIV」

モルディブの画像

引用:©itunes.apple.com

とにかくフィルター数が多いアプリ。
そのままでも使えますが、内課金のプレミアムフィルタ(¥360)は買って損しない程のクオリティと数。
さまざまな加工をフィルターで簡単に行いたい人にオススメです◎

「フェミニンな加工」「モノトーンな加工」の写真はこのアプリを使用しています。

上級者向け加工アプリ「Ultralight」

ウルトライトの画像

引用:©itunes.apple.com

細かい設定にこだわりたい人にオススメです。
特にレトロ風な加工はすぐにできて、課金無しでも結構細かい設定まですることが可能です。

「ノスタルジックな加工」の写真はこのアプリを使って加工しています。

PR:簡単3ステップのカメラ上達講座

自分に合ったアプリを選ぼう!

スマホを操作する女性の画像

いかがでしたか?
たくさんの加工方法がありましたが、どれもコツを掴めばおしゃれな写真ができあがります。

そのためには自分に合った加工アプリを使うのが一番。
今回紹介したアプリも、ぜひ試してみてください◎