コンデジ・ミラーレス・一眼レフ…カメラの特長を知って自分に合ったカメラの選びをしよう!

カメラが欲しい。でもどれを選ぶべき?

フィルムカメラの画像

写真に興味が湧くと、本格的に写真を撮ってみたくなりますよね。
でも、カメラってどんな種類があって、どんなものを選ぶべきかイマイチ分からないという人も多いはず。

そこで今回は、一般的なデジタルカメラの種類を紹介します。

PR:カメラ・レンズの総合買取【スペースカメラ】

デジタルカメラの種類

写真を撮っている女性の画像

カメラの種類って結構たくさんあるんです。
家電量販店などに行くと、どれがどのカメラなのか混乱する人も多いほど。

カメラの種類は大まかに4つあります。

  • スマホ・タブレットカメラ
  • コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)
  • デジタル一眼レフカメラ
  • ミラーレス一眼カメラ

具体的にどんな形・特長があるのか、早速見ていきましょう!

PR:初心者大歓迎のカメラ教室

スマートフォン・タブレットカメラ

iPhoneの画像

引用:©www.apple.com

最近では、ますますカメラの性能が高くなってきたスマートフォンやタブレットのカメラ。

例えばiPhone7 Plusでは1,200万画素数を誇り、これは少し昔の一眼レフ(Canon Kiss X2)の画素数とほぼ変わらないほど美しく写真が撮れる値。

スマホ・タブレットカメラのメリット

  • コンパクトで持ち運びが良い
  • 自撮りがしやすい
  • データ移行が簡単
  • 動かない物・人に対しての撮影
  • とっさに簡単に綺麗な写真が撮れる

スマホ・タブレットカメラのデメリット

  • 一眼レフやミラーなどよりも性能に劣る
  • 細かい設定ができない
  • 暗い場所での撮影に向かない
  • 画像が荒れやすい

スマホ・タブレットカメラの使用感

iPhoneで撮影した写真
[iPhoneSEで撮影]

ちょっとした出かけ先や友達と遊んでいる時などはスマホで十分。
ただ、部屋の中や少し周りが暗いだけでかなり画質が悪くなってしまうことが気になります。

ただ、使っているスマホがiPhoneならかなりデータ移行が簡単。
アイクラウドに保存することで、パソコンですぐに共有出来るところは嬉しいところ。
また、細かい設定ができない分アプリなどで加工が簡単に出来るのは便利ですよね。

PR:カメラレンタル特集!【ReReレンタル】

写真撮影におすすめのスマートフォン

引用:©consumer.huawei.com

HUAWEI (ファーウェイ)

ダブルレンズカメラによって、さらに鮮やかな撮影が叶います。
さらに、絞りなどを撮影した後に設定できるため、まるでプロのような品質の写真に仕上がります。

引用:©www.asus.com

ASUS (エイスース)

現在販売されているZenfone 3 Ultraは、特におすすめ。
大画面で2300万画素で、まるでその景色をそのまま切り出したかのような臨場感を体感することができます。

引用:©www.apple.com

iPhone (アイフォーン)

より自由な撮影方法でクリエイティブな写真を撮影することができます。
また、今販売されている7は6枚構成のレンズで高品質の写真が撮れます。

最大5倍のデジタルズームでも画質を損なわずに、綺麗な仕上がりに。

コンパクトデジタルカメラ

コンデジの画像

引用:©kakaku.com

「デジカメ」という時はだいたいコンデジのことを言います。
コンデジは初心者でもかなり使いやすく価格もとても安くなっています。

ただ、今はスマホのカメラがかなり性能が良くなってきており、中にはスマホの画素数以下のものもあります。
選ぶ時は性能を重視しておきましょう。

コンデジのメリット

  • コンパクトで収納しやすい・持ちやすい
  • 撮影時疲れない
  • 初心者でも簡単に扱える
  • スマホよりも暗所での撮影に有利
  • 値段が安い
  • 製品によっては防水タイプの物などもある

コンデジのデメリット

  • 一眼レフやミラーよりも暗所での撮影は劣る
  • 画素数が低い(スマホ以下のものもある)
  • 個別にピントを合わせにくい
  • ぼかしがあまり効かない

コンデジの使用感

簡単で良い、と言いますがぶっちゃけスマホとそう変わらないのでスマホで十分と思う人はコンデジに手を出さなくてもOKだと思います。

逆に、スマホ以上の画素数や細かい設定を求めるならいっその事ミラーレスか一眼レフを買うのがおすすめ。
ミラーも一眼レフも難しそうと思うかもしれませんが、オート機能を使えば初心者でも使えます。

おすすめのコンデジ

引用:©www.apple.com

Canon G9X MarkⅡ

最新のコンデジはミラーに負けない程の高性能を誇っているものも多くあります。
2010万画素を誇り、なんとISO125~12800と広範囲の感度となっています。
軽量で、液晶をタッチするだけの簡単操作が叶います。

引用:©www.sony.jp

SONY DSC-RX1RM2

なんと4240万画素のフルサイズという高スペックをもつソニーは外せません。
より繊細なピントの範囲を誇り、主役である被写体をより美しく見せます。

さらに可動式液晶モニターが付いているから、ローアングルもハイアングルもしっかりと確認しながら撮影することができます。

引用:©panasonic.jp

LUMIX TZ90

なんと光学30倍ズームの高倍率のコンパクトカメラ。
さらに4Kフォトでより高画質に、躍動感のある仕上がりになります。

運動会の撮影などにもおすすめです。

ミラーレス一眼カメラ

引用:©cweb.canon.jp

ミラーレス一眼カメラは、鏡がなくコンパクトなサイズになっているのが特長。
コンデジと同じように見えますが、価格は一眼レフの安いものとそう変わりありません。

操作はほぼ一眼レフと同様の設定ができます。
ただ、ミラーがないのでコンデジ同様液晶画面を見ながらの撮影になります。

ミラーレス一眼カメラのメリット

  • コンパクトなので持ち運びやすい
  • レンズを交換することが出来るから撮影の幅が広がる
  • 暗所での撮影がしやすい

ミラーレス一眼カメラのデメリット

  • ピントが合わせにくい
  • 一眼レフのような多彩なレンズの種類がない
  • 画質は一眼レフに劣る(スペックにもよる)

ミラーレスカメラの使用感

ミラーレス派と一眼レフ派というくくりをたまに聞くほどファンの多いミラーレス。
確かにコンパクトでいいんですが、安定感がないところはやはり一眼レフには劣ります。

また液晶画面での操作なので、細かくピントを合わせたい時が大変。
レンズを交換出来るところはコンデジやスマホにはないので、スマホよりもちょっとワンランク上の写真を撮りたいという人におすすめですよ◎

おすすめのミラーレスカメラ

引用:©olympus-imaging.jp

OLYMPUS PEN-F

まるでクラシックなフィルムで撮影したかのようなモノクロ撮影が出来る、ヴィンテージファンにはたまらないカメラ。
カラープロファイルも、フィルムを基準としたカラーリングへと調整することが可能です。

引用:©olympus-imaging.jp

女性には操作性のいいE-PL8もおすすめ。
ちょっとした旅行や友達と遊んだ時の撮影などでも気軽に撮れますよ◎

ビビットなカラーも荒れたりくすんだりせず、きれいに表現してくれます。
インスタなどにちょっとクオリティの高い写真を上げたいという人にもおすすめです。

引用:©fujifilm.jp

FUJIFILM X100F

アドバンストで精密なファインダーが、写真のクオリティをあげてくれます。
さらにフィルムシュミレーションによって、まるでフィルムで撮影したかのような仕上がりに。

これで2430万画素の高画質だから、加工なしでも印象的な写真を撮影することができます。
フィルムをメインに扱ってきた富士だからこその、フィルムらしい表現がたまらない。

デジタル一眼レフカメラ

一眼レフの画像

引用:©store.canon.jp

今まで紹介したカメラの中でも出来なかった設定が細かくできる万能カメラ。
使いこなせばさまざまなシチュエーションやシーンにも対応できる優れものです。

価格は最新型は値が張りますが、型落ちは3万程度で購入することもできます。

ちなみに私は初めて手に取ったカメラが一眼レフカメラ(デジタルではなくフィルムでしたが)だったので、本格的にカメラを頑張りたい人は初心者でもデジタル一眼レフを持ってみても良いかも。

一眼レフカメラのメリット

  • 高画質
  • 多彩なレンズの数がある
  • バッテリーが長持ちする
  • ファインダーを見ながらの撮影が出来る
  • 細かいピントの設定ができる
  • シーンやシチュエーションに合わせた設定・撮影ができる

一眼レフカメラのデメリット

  • サイズが大きい
  • 重量がある
  • 価格が高い
  • 定期的にメンテナンスが必要

一眼レフの使用感

一眼レフで撮影した画像
[Canon Kiss Xs2で撮影]

高性能・高画質でレンズの種類の幅も広いので、カメラ本体よりもレンズを重視してもいいほど。
良いレンズを使うだけ写真のクオリティもどんどん良くなってきます。
細かい設定を行えば撮影する人によってかなり個性も出てくるので、面白い写真なども撮れます。

暗所でも綺麗に撮れるところもいいですよね!
しかし、高級機のフルサイズなどはかなり重くて女性が持って撮影するにはかなり体力が必要になってくるのがデメリット。

おすすめの一眼レフカメラ

引用:©cweb.canon.jp

Canon EOS 6D

キャノンはもちろんプロフェッショナルモデルが一番魅力的なんですが、一般的にプロでも使われているハイアマチュアモデルも捨て置けません。

ハイアマチュアモデルは60Dがかなり優秀だったんですが、現在発売されていないので。
といっても新しく発売された6Dも凄いんです!
フルサイズだから細かい描写が軽々出来るのに、軽量だから女性でも使いやすいんですよ◎
人物やスポーツ撮影でもおすすめです。

引用:©www.nikon-image.com

Nikon D850

なんと有効画素数4575万画素という高画質がニコンから登場。
ズームに負けない画質の強さに注目です◎

Nikon D850についてはこちらを御覧ください。

引用:©www.ricoh-imaging.co.jp

PENTAX 645Z

アウトドアでの撮影をメインにするなら、断然ペンタックスがおすすめ。
-10℃に耐寒し、防水・強度も申し分ありません。
耐久性に優れているため、撮影の幅も広がります。

また、5140万画素という高画質となっているので、見た景色をそのまま抜き取ったような仕上がりにも期待できます。

デジタルではなくフィルムカメラはどうなの?

フィルムカメラの画像2

引用:©kakaku.com

少し前まではフィルムカメラが主流でしたが、デジタルカメラが出た途端普及率がグンと上がり、今ではなかなかフィルムカメラを見かけないほど。

実は、フィルム現像をしてくれるところも今は少なくなってきているんです。
でも、フィルムカメラは綺麗に撮影するデジタルカメラでは表現できない雰囲気を出してくれるのも事実。

カメラマンの画像

また、写真の上達するにもフィルムカメラは良いと言われています。
というのも、消耗品でなかなか良い値段をしているフィルムをできるだけ無駄遣いしないように…と考えながら使っていると、より自分の納得のいく写真を撮るようになるんです。

フィルム代や現像費用などお金はかかってしまいますが、その分学ぶことが多いので、本気でカメラを学びたい人はフィルムカメラからデジタル移行すると良いかもしれませんね◎

ちょっと友達と写真を楽しむなら

写ルンですで撮影した写真
[写ルンですシンプルエースで撮影]

普及率はデジタルカメラが高いんですが、実は最近フィルムカメラが若い人達の間でも流行っているんです◎
あえてスマホで写真を撮影せずに、使い捨てカメラを使うほど。

チェキの画像

引用:©kakaku.com

また、チェキなどのインスタントカメラであればすぐに写真が出来上がるので、友達とフィルム写真を撮り合う時にはおすすめ。

フィルム写真でも、かしこまらずに今は気軽に撮ることも重要になってきているようですね◎

PR:写真教室よりも上達が速い!自宅でラクラク上達♪一眼レフカメラ講座

引用:©panasonic.jp

LUMIXからはコミュニケーションカメラが発売されています。
これは、まるでスマートフォンやタブレットと同じ操作がカメラで出来る優れもの。

撮ったところからそのまま加工、シェアが出来るから少し凝った撮影をしたいけど、難しい操作が分からないという人におすすめです◎

用途に合わせたカメラを選んでみて

写真とカメラの画像

いかがでしたか?
どんなカメラを選べばいいのか迷っていた人は、ぜひカメラの特長を知って自分に合ったカメラを選んで欲しいと思います。

簡易的に撮れるものから本格的に撮れるものを簡単に紹介しましたが、カメラを買う時は是非実際に触ってみてどんな重さなのか、フィット感なども確かめてみてください◎